レイクの審査をまずはざっくりと

レイクのキャッシングは消費者金融の中でも非常に人気で知名度も抜群です。新生銀行グループであることも安心して利用できる要因の一つでしょう。満20歳以上70歳以下の方で、安定した収入のある方、国内に居住している方、と言う申し込み資格さえクリアしていれば申し込みができる「新生銀行カードローン レイク」なのですが、申し込み=キャッシングではないことは覚えておきましょう。

 

レイクのキャッシングに限ったことではありませんが、申し込みをしたら誰でもキャッシングができる訳ではなく、申し込み後に行われる審査によって可決、否決が決められます。可決の場合のみキャッシングができると言うことなんです。審査によって否決だった場合は残念ながらキャッシングをすることはできません。レイクに申し込みをした後に審査は行われるのですが、審査と言っても面接があったり試験があったりする訳ではありません。

 

主に申し込み時に入力した個人情報や提出した必要書類が審査の材料になるのですが、もう一つ審査において重要なポイントになる「信用情報」の閲覧がおこなわれます。信用情報とはクレジットやローンなど金融商品に関わる個人データを一括で管理しているもので、クレジットヒストリーとも呼ばれています。レイクは申込者の信用情報を閲覧することによって、申込者のローンやクレジットカードなどの利用状況を把握することができ、審査の総合的な判断材料にしています。

 

この信用情報は金融業者だけが閲覧できるものではなく、申込者本人が自分の信用情報を閲覧することも可能ですので、キャッシングの審査に閲覧されている自分自身の情報がどのように記載されているのか気になる方は開示してみることをお勧めします。

レイクの審査基準はどうなっているのでしょうか

新生銀行カードローンのレイクにキャッシングの申し込みをすると審査が行われます。その審査結果によってキャッシングできるかできないか、キャッシングできる場合は利用限度額が決まります。

 

レイクは満20歳以上70歳以下の方で、安定した収入のある方(アルバイト、パートでもOK)、国内に居住している方、と言うのが申し込み基準となっています。これがそのまま審査基準と思われていることが非常に多いのですが、申し込み基準(資格)と審査基準は連動しているものの、別のものなんです。申し込み基準をクリアしていても、審査基準によってキャッシング出来ないこともあります。

 

当たり前ですが、その逆、審査基準は満たしているものの、申し込み基準をクリアしていないなんて言うケースではキャッシングはできない訳です。レイクのキャッシングですが審査基準はレイクのホームページに書いてありますが、審査基準については記載がないことをご存じでしょうか?これが間違った認識になってしまう原因の一つであるのですが、レイクに限らず消費者金融や銀行やクレジットについて各社審査基準は公表していないのです。

 

審査内容については「当社基準によるもの」としていますし、審査結果の理由や質問にはお応えしかねます、となっているんですよね。ですので審査への傾向や対策と言ったものは存在しませんし、審査結果はあくまでもレイクの総合的な判断によるものとなります。審査が全く不透明なものかと言うとそうではなくて、信用情報の閲覧が判断材料になっていることは公になっています。つまり審査基準のカギは信用情報にあると言っても過言ではないでしょう。

 

クレジットヒストリーに問題がないと思われている方も一度ご自分の情報を開示しておくのが最善の対策になるかもしれませんね。

レイクの審査時間はどれくらいかかるかを調査!

レイクのキャッシングで審査にどれくらいの時間がかかるのかって気になりますよね。はじめてレイクに申し込む方の中にも、早急に融資を受けたいと言った方が非常に多いのです。申し込みをして審査があってキャッシングと言う流れが基本中の基本です。

 

即日融資や即日キャッシングと言うキャッチコピーから申し込みをしたらすぐにキャッシングできると思われてる方も多いのですが、申し込み方法ごとに申し込み手続きの時間は変わってきますし、審査時間に関しても人それぞれですし、審査に通ってから実際にキャッシングするまでの時間も、融資の受け取り方法によって変わってきます。申し込み、審査、融資の3段階それぞれに時間が必要になるのがキャッシングと言うものです。そんな中でも新生銀行カードローンのレイクは審査回答時間が早く、キャッシングまでも非常にスピィーディー、即日回答、即日融資が評判で人気なので、審査時間に関しては尚更注意しておきたいポイントですね。

 

審査時間と言うことだけではなく、申し込み、審査、融資どれにも当てはまることなのですが、申し込みをする時間帯によっては、審査の回答を受けられないことがあるのです。レイクが審査を行っていて審査結果をお知らせする時間は朝8時10分〜夜21時50分(毎月第3日曜のみ夜19時迄)となっています。つまりこの時間外に申し込みをした場合には、即日回答は不可能ですよね。最短でも翌朝8時10分以降と言うことになりますからね。では審査時間内だったらすぐに審査結果がでるのかと言うとケースバイケースなんです。30分で審査結果が出る人もいれば1時間以上かかる人もでてきます。

 

さらには振込の融資を希望している場合は銀行営業時間内に申し込みと審査を終えてなければ即日融資が不可能になってしまいます。このようにある程度の時間を要するのがキャッシングですので、時間に余裕を持って申し込みをして即日回答、即日融資での利用をしたいものですね。

レイクの審査は土日でも行われています

土日にしか時間が作れないけれどレイクでキャッシングしたいと言う方はとても多いです。ですが土日は銀行もやっていないし、キャッシングできないもの、審査もしていないもの、そんな風に諦めてしまう人が多いようです。

 

結論から言いますと、新生銀行カードローンのレイクは、申し込みは24時間対応、土日でも審査を行っていますし、土日であっても融資を受けることは可能です。少しややこしい話になるかも知れませんが、これはレイクのスタンダードでありながらもイレギュラーが含まれていると言うことになるのです。と言うのも、例えば土日であってもレイクは審査を行っているのですが、銀行が営業していないので振込での即日キャッシングは当然不可能です。このパターンはイレギュラーにあてはまります。それではどうしたら土日でも即日融資が可能になるのかと言いますと、自動契約機でカードを発行をして、提携ATMでキャッシングをすると言う方法を選択すればよいのです。

 

このパターンがスタンダードにあてはまります。土日の即日キャッシングに関しては特に気をつけたいのが申し込みをする時間帯と、自動契約機の営業時間なんです。レイクの審査は土日でもおこなっているのですが、審査を行っている時間帯が設けられています。審査の営業時間と言えばわかりやすいでしょうか、レイクは審査を朝8時10分〜夜21時50分(毎月第3日曜のみ夜19時迄)におこなっています。第3日曜のみ19時迄と言う制限があることも覚えておくとよいでしょう。土日であってもこの時間帯外に申し込みをしてしまうと、即日キャッシングは不可能になってしまいます。

 

連動して自動契約機に営業時間があります(平日、土曜は8時45分〜24時迄)、(日曜、祝日は22時迄)、(毎月第3日曜は8時10分〜19時迄)。審査終了時間と自動契約機の営業時間を加味して申し込みを行わないと、せっかくの土日審査も即日キャッシングにならないパターンもでてきてしまいますので覚えておきたいポイントですよね。

レイクの審査結果は仮審査と本審査では違うことがあります

レイクのキャッシングに申し込みをすると、申込者全員が必ず審査を受けることになります。そしてその審査に通った場合のみキャッシングをすることができる訳です。審査内容や審査基準は公表されていませんが、信用情報の閲覧やデータ化された個人情報から属性などを総合的に判断して可決か否決が決まります。これは本審査と言われるもので、レイクには仮審査と呼ばれる審査システムも導入されています。

 

仮審査とは本審査のような審査過程はふまずに、コンピューターシステムによる自動判断で行われるものです。レイクのホームページにある「お借入診断」が仮審査にあたるのですが、生年月日、年収、他社からの借入件数、現在の他社借入金額の4項目を入力するだけで融資可能かどうかを判断してくれるものです。個人名さえ入力しないで結果が出るのがお借入診断ですから、仮審査の結果と言うよりは診断ツールによる診断結果と言うことになるのですが、この仮審査と本審査で結果が違ったと言う声がよく聞かれます。

 

仮審査が可決、本審査も可決と言う場合にはなんの問題もないのですが、仮審査は可決だったのに本審査が否決だったと言う場合ですと、どうして?なんで?となってしまうことがあるようです。まれに仮審査で否決だったものの、本審査で可決になるケースもあるようです。前述しましたが、仮審査(お借入診断)はあくまでも診断レベルのものなので、本審査とは全く違うものであることを認識しておいて下さい。

 

本人確認書類や属性データを提出し、信用情報をチェックするのが本審査です。そして本審査での審査結果が全てですので、仮審査の結果に左右されることなくご自分の状況をご自分で判断した上でレイクのキャッシングに申し込みしたいものです。